【Cocoon】超簡単にアドセンス広告を設定する方法とおすすめの設置場所の紹介

ブログ
悩める人
悩める人

アドセンスに合格したけど、次に何をすればいいの?

効果的な広告の貼り方は?

そんな疑問を解決する。

結論から言うと、アドセンス合格後にするべきことは以下の3つだ。

  • 審査コードを消す
  • 貼り付ける広告を決める
  • PVを増やす

今回はこの3つを画像付きで詳しく説明した。

じっくり読んで、ぜひアドセンス広告の運用に役立ててほしい。

アドセンスに合格したら審査用コードを消そう

アドセンス申請時に張り付けたコードは、もう必要ありません。

なのでまずはコードを消す。

1、外観をクリック

外観

2、テーマエディター移動

3、テーマヘッダー(head.php)をクリック

テーマヘッダー

<head>~以降に張り付けたコードだ。

消したらファイルを更新して、コードの消去が完了。

貼り付けるアドセンス広告を決めよう

最初に扱える広告は主に下の3種類である。

アドセンス広告

ディスプレイ広告

どこにでも表示できる万能タイプの広告

「スクエア」「横長」「縦長」の3種類がある。

ディスプレイ広告

インフィード広告

記事と記事の間(フィード)などに表示される広告。

記事やサイトのデザインを崩さずに自然と広告を溶け込ますことができる。

インフィード広告

記事内広告

主に文章中に溶け込む広告で、記事内で使用する。

私のブログで使用しているのは、この種類の広告です。

記事内広告

その後条件を満たせば「関連コンテンツ」の広告も掲載が可能になる。

関連コンテンツは、特定の要件を満たすサイト運営者様のみご利用いただけます。ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。この要件は、関連コンテンツで快適なユーザー エクスペリエンスを提供する目的で定められています。関連コンテンツ ユニットを作成できるかどうかは、AdSense アカウントの [広告] ページで確認してください。

関連コンテンツ ユニット

詳しくは 関連コンテンツ ユニット ←こちらをご覧ください。

広告の種類とサイズについては後でさらに詳しく説明する。

まずは広告を設置しましょう。

アドセンス合格後『cocoon』で広告を表示させよう

まずは広告を表示させる場所を決める。

おすすめは以下だ。

  • サイドバー上
  • アイキャッチ画像の下
  • 目次下
  • 各h2付近

Cocoonでは簡単に広告が設定可能だ。

手順は以下である。

  1. アドセンス広告を作成しコードを取得する
  2. cocoon設定→広告へ移動する
  3. 広告コードと書いているところに先ほど作成したコードを張り付ける
  4. 表示する場所、広告の種類・サイズを設定する

それぞれ詳しく説明していく。

アドセンス広告を作成しコードを取得する

今回は例として「ディスプレイ広告」を設置していく。

まずはアドセンスの画面から「ディスプレイ広告」を選択。

ディスプレイ広告

今回は広告ユニットに「cocoon広告」と入力。

次に、スクエア→レスポンシブ→最後に作成ボタンを押す。

cocoon広告

作成を押すとコードが表示されるのでこれをコピー。

コード

cocoon設定から広告へ移動する

画像のようにcocoon設定から広告へ移動する。

広告コード

広告コードに作成したコードを張り付ける

コードを貼り付けたら、以下のようにチェックをいれていく。

貼り付け

表示する場所、広告の種類・サイズを設定する

右に書いてある詳細設定でフォーマットを決めていく。

広告ラベルを表示にはチェックを入れなくて大丈夫だ。

サイドバートップ:オート

サイドバーボトム:ラージスカイスクレイパー

本文上:リンクユニット

本文中:レスポンシブレクタングル

本文下:ダブルレクタングル

表示する場所

お疲れ様でした。

以上で広告の設定は完了だ。

すぐに表示されない場合もあるので、その場合は時間をおいてから再確認をする。

広告の種類とサイズ

先ほど詳細設定で出てきた広告について詳しく説明しておく。

※サンプルがなかったので実際に表示されている画像を使用。

バナー広告

バナー広告

「ディスプレイ広告」とも呼ばれており、動画や画像を掲載できるため視覚的に目立つようになっている。

横に長いデザインになっているため狭い隙間やサイトの上部に設置されることが多い。

レクタングル広告

レクタングル広告

「レクタングル」は正方形や長方形の広告を指す。

レスポンシブレクタングルは、画面幅(スマホ・PC)に合わせて表示される幅が変わること。

シングルレクタングルは、一つだけ広告が表示されること。

シングルレクタングル

ダブルレクタングルは、二つ並んで広告が表示さること。

ダブルレクタングル

リンクユニット広告

リンクユニット広告

検索キーワードが表示されるタイプの広告。

この広告は一度クリックされてから、さらに表示される検索結果をクリックすることで報酬を得る仕組みだ。

一見クリックされなさそうに見えるが、意外とクリックされることが多い。

ラージスカイスクレイパー広告

ラージスカイスクレイパー広告

縦に長い広告。

長い分インパクトもあり非常に目立つので、目に入る機会は多い。

ただ広告感が強く出てしまうのとスマホ表示の時には非常に邪魔なので、PCのみの表示に向いている。

アドセンス広告は自動広告かマニュアル広告か

広告を貼るにあたって、自動広告の方がよいのかと悩むことがあるだろう。

結論から言うと自動広告はおすすめしない。

なぜならサイトデザインや、貼りたくないところに自動で広告が挿入されるからだ。

自動広告は設置が楽だが、高確率でサイトデザインが崩れる。

その結果ブログ自体が読みにくくなるので、ユーザーは見る前に離脱する。

少し手間ではあるが、マニュアル広告で設定をしよう。

アドセンス合格後はすぐに広告を設置しよう

最後にもう1度おさらいだ。

アドセンス合格後にすべきことは以下の3つ。

  • 審査コードを消す
  • 貼り付ける広告を決める
  • PVを増やす

広告を表示させる場所としておすすな場所は以下。

  1. サイドバー上
  2. アイキャッチ画像の下
  3. 目次下
  4. 各h2付近

それぞれの広告の種類やサイズは以下。

  • サイドバートップ:オート
  • サイドバーボトム:ラージスカイスクレイパー
  • 本文上:リンクユニット
  • 本文中:レスポンシブレクタングル
  • 本文下:ダブルレクタングル

広告が設置できたら、さらに良質なコンテンツを増やしてPVアップを目指そう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました